ガンジス川とマハラジャの国ラジャスタン 北インド周遊7泊9日

おすすめポイント

ガンジス河で有名なヒンズー教の聖地バラナシ、発展著しい近代都市アーメダバード、町全体が美しい青で彩られブルーシティの名で知られる、偉大なるマハラジャの町ジョードプル、そしてシルクロードの交易で栄えた砂漠の王国ジャイサルメールを訪問します。首都デリーの観光もしっかり行った後、北インドの東西をカバーし、地域によって全く違う顔を見せるインドの多様性に圧倒される9日間の盛沢山ツアーです。

【デリー】

迷路のように続く入り組んだ細い路地に、モスクや何世紀も前からある建築がたたずむインドイスラム世界の首都であったオールドデリー。そして、広い道路に植樹が飾られ、政府の建物が並ぶ現代の首都、ニューデリー。 インドの首都デリーは現代的な建物と、歴史的な遺跡の同居する不思議な街。まったく違うこのふたつの顔が旅人を魅了します。

≪デリーのみどころ≫
○イスラム教の尖塔、世界遺産「クトゥブ・ミナール」
○タージマハルの原型とも言われる世界遺産「フマユーン廟」
○ムガル帝国の皇帝が建てた世界遺産「レッドフォート」
○インド最大規模のイスラム寺院「ジャマー・マスジッド」
○兵士の慰霊碑「インド門」

【バラナシ】

「ベナレス」または「バナーラス」、「カーシー」とも呼ばれるこの地は北インドにある歴史ある街。ここはヒンドゥー教の聖地でもあり、また人々が暮らす街としてインドでも最も古い歴史をもつ場所のひとつでもあります。 「生」と「死」の両方の顔を見せるバラナシはインドの縮図とも言われ、人々を圧倒し続けています。ガンジス河で巡礼者たちが朝日に向って祈りをささげる様子は感動的で、世界じゅうの旅人たちから「インドを訪れるなら必ず見ておきたい場所」といわれています。

また、バラナシから車で1 時間ほどのところにある「サルナート(鹿野苑)」は仏教の聖地。仏陀が初めて説法を行った場所と言われています。

≪バラナシのみどころ≫
○ガンジス河ガートでの沐浴風景やヒンドゥー教の儀式「アルティ」
○世界遺産サルナート

【アーメダバード】

アーメダーバードはインドの綿織物産業の中心地。街を闊歩する女性たちの色とりどりのきらびやかなサリーが街が誇る産業を反映しています。

街を縦断するサバルマティ―川の東岸が旧市街、西岸が新市街です。旧市街は迷路のように入り組んだ細い道が特徴です。古いヒンドゥー寺院、人でごった返すバザールなどが観光客に人気です。鉄道の主要駅、郵便局は旧市街にあります。

新市街は「モダン・シティ」とも呼ばれ、国際ビジネスの中心地です。旧市街と対照的に綿密な都市計画に基づいて建設された大きな道路が街の物流を支えています。

インド独立の父、マハトマ・ガンジーが独立運動の拠点とした街としても知られており、ガンジー自らが作り活動拠点にしたサバルマティ―・アシュラムにはガンジーを慕う多くの観光客が訪れます。

【ジャイサルメール】

ジョードプルから西に約300km、パキスタン国境まで約100kmに位置する人口約6万の城郭都市です。タール砂漠のほぼ中央部に位置します。12世紀にラージプートの氏族、バッティ家によって東西貿易の要所として築かれました。日没時に土や砂岩でできた家々が金色に輝くことから「ゴールデン・シティ」の愛称でも知られます。
イスラムにより滅ぼされますが、その後も貿易の要所としての機能は残され、アラブやヨーロッパに続く交易の中継地として発展を続けました。

スエズ運河の開通やパキスタンの分離独立による交易路の分断により、交易の中継地としての役割はなくってしまいましたが、交易路だった当時の街並みは今も残っており、現在では観光地として賑わっています。

【ジョードプル】

ラジャスタン州の州都ジャイプルから西に300km。ジョードプルはタール砂漠の入り口に位置するラジャスタン州第2の都市です。15世紀にラージプートのラトール一族の王、ラオ・ジョダがマルワル王国の首都として築いたと言われています。そのことから住民は自らを誇りをもって「マルワリ」と呼んでいます。

全長10km、高さ125mの城壁、メヘラーンガル城砦に街は囲まれており、城砦はインドの最も有名な観光スポットの1つです。宮殿、寺院、家々がブルーで統一されていることから、別名「ブルーシティ」と呼ばれます。城壁に囲まれた旧市街と、その東南に発展した新市街に街は大きく分かれます。観光名所や人気のホテルの多くは旧市街にあります。

行程

午前 日本からデリーへ(羽田発直行便の場合約9時間半)
夕刻 デリー着後、空港係員が出迎え、ホテルにお送りします。

*デリー泊

   【食事】 朝:×  昼:機内  夕:〇

午前 オールドデリー観光
   サイクルリキシャに乗って路地裏体験、世界遺産レッドフォート(外観のみ)
   インド最大のイスラム教モスク・ジャママスジッド(入場)
   ガンジーが荼毘に付された場所ラージガード(入場)

午後 ニューデリー観光
   車窓より、国会議事堂、大統領官邸、インド門を見ます。
   世界遺産フマユーン廟(入場)、世界遺産クトゥブ・ミナール(入場)

   時間があれば、ローカルマーケットにご案内

*デリー泊

   【食事】 朝:〇  昼:〇  夕:〇

午前 国内線でバラナシへ
   着後ホテルにチェックイン、昼食

午後 仏教四大聖地の一つ、世界遺産サルナートにご案内。ブッダが初説法を行った場所を訪れます。

夕刻 ガンジス河の儀式アルティ―を見学

*バラナシ泊
   

   【食事】 朝:〇  昼:〇  夕:〇

早朝 ガンジス河でボートに乗り、朝日を鑑賞します。
   ガートで沐浴する人々の様子が見られます。
   ホテルに戻り朝食

午後 国内線でアーメダバードへ(約2時間)
   着後、ローカルマーケットを見学、ホテルにご案内

*アーメダバード泊

   【食事】 朝:〇  昼:〇  夕:〇

午前 アーメダバード旧市街の散策。彫刻装飾が美しい築400~500年の木造住宅を見学します。
   
午後 国内線でジャイサルメールへ移動(1時間20分)
   着後、ガティサール湖を訪れ、湖に沈む夕日を鑑賞します。

*ジャイサルメール泊

   【食事】 朝:〇  昼:〇  夕:〇

午前 ジャイサルメール観光 
   ジャイサルメール城、パトウォン・キ・ハヴェリ、ナタマル・キ・ハヴェリを見学

午後 サム砂丘にご案内
   砂漠のキャメルサファリをお楽しみ下さい。

*ジャイサルメール泊

   【食事】 朝:〇  昼:〇  夕:〇

午前 専用車でジョードプルへ移動(280km、約6時間)
   
午後 着後、ブルーシティと呼ばれるジョードプル市内を観光
   旧市街、サダル・バザール、時計台、メヘランガル城砦、ジャスワント・タダ

*ジョードプル泊

   【食事】 朝:〇  昼:〇  夕:〇

午前 ウメイドバワンパレスの博物館にご案内

午後 国内線でデリーへ、デリーにて国際線に乗り継ぎ、インド出国

*機中泊

   【食事】 朝:〇  昼:〇  夕:機内

日本各地空港着。 お疲れ様でした!

ツアー詳細

発着地
通常羽田空港デリー直行便利用

*他の空港利用については別途お問い合わせ下さい。

航空券は料金に含まれません。
宿泊ホテル:4つ星~5つ星クラス
(記載ホテルまたは同等クラス)
デリー: ラリット・ニューデリー
バラナシ: ラマダプラザ
アーメダバード: ハイアット・リージェンシー
ジャイサルメール: ジャイサルメール・マリオット
ジョードプル: ラディソン
ツアー代金に含まれるもの
ホテル7泊
食事(朝7回、昼7回、夕7回)
記載の観光費用
移動時の専用車
日本語スルーガイド(インド到着から出発まで)
インド観光ビザ取得費用
ツアー代金に含まれないもの
日本インド往復航空券(弊社にご依頼可能)
ガイド、ドライバーへのチップ(現地で現金にて直接お支払ください)
記載以外の食事
食事の際の飲み物 (各自現地払い)
個人的に依頼されるもの(ルームサービス、ホテルの部屋からの電話など)
海外旅行保険

地図

参考料金

2名様一室 378,000円
1名様一室 485.000円

※航空券は別になります。
※新型コロナ後、料金がかなり変動しております。詳細はお問合せください。

お問い合わせ・お申し込み

こちらのページ【ガンジス川とマハラジャの国ラジャスタン 北インド周遊7泊9日】へのお問い合わせになります。
同じようなツアーやオーダーメイドツアーもご紹介いたします。お気軽にご連絡ください。

    お名前*

    メールアドレス*

    お問い合わせ内容*

    →プライバシーポリシーページへ

    その他のツアー

    1. 絶景世界遺産アジャンタ・エローラとムンバイ 4泊6日

    2. ハイデラバード&ラモジ!映画ファンのための3泊5日

    3. 南インド・タミールの遺跡とケララの自然を楽しむ旅 7泊9日

    4. 南北インドカレー紀行 デリーのスパイス市場とケララのスパイス農園をめぐる旅 5泊7日

    5. 首都デリーとタージマハル 3泊5日(視察及び観光)

    6. 【好評につき次回開催日決定】南インド料理ツアー24’9/15-20ケララのスパイスをめぐる旅 5泊7日